日本と世界のクルーズ客船Blog

客船と二次元と
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「OVATION OF THE SEAS」、高知新港初寄港! | main | 「白鳳丸」@高知港。 >>
「OVATION OF THE SEAS」、高知新港初寄港!

JUGEMテーマ:日記・一般


前回の続き。

2016年11月8日(火)、高知新港の大型客船対応岸壁に初寄港した大型外国客船「OVATION OF THE SEAS」(168,666t/347.08m)。

8回目の今回は高知新港の一般見学者向け駐車場から撮影したライトアップされた「OVATION OF THE SEAS」を紹介します。

高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。

この場所へ戻って来て見てビックリ!

船尾の連続窓の上部が水色のストライプ状にライトアップされているではないですか!?

姉妹船である「QUANTUM OF THE SEAS」は、9月に高知新港に寄港した際に、ライトアップされている時間帯にも撮影していますが、「QUANTUM OF THE SEAS」には、この船尾の水色のストライプ状のライトアップがありませんでした。

どうやら同型の姉妹船ながら、1番船の「QUANTUM OF THE SEAS」と3番船の「OVATION OF THE SEAS」では、少なからず細部が変更されている部分があるようですね。
「OVATION OF THE SEAS」の船尾のライトアップ。
「OVATION OF THE SEAS」の船尾の水色のストライプ状のライトアップ。

まるで「ユニコーンガンダム」のサイコフレームの発光現象みたい。

そう言えば船の煙突は「ファンネル」、係船柱は「ビット」と、何かと「ガンダム」シリーズと船って「縁」があるような気がするんですけど…気のせいかな?

『あいつ…全身がサイコフレームで出来ているのか!?』
『間違いない! 16万トンの大型客船が変形…いや、変身した…あれは「OVATION」だ!』って感じ?

そのうち、テロ対策だとか海賊対策だとか言う名目で、モードチェンジする客船とか出てきたら面白そう!?(笑)。
注意:あくまでも、個人の感想です。

「OVATION OF THE SEAS」の船体側面の船名。
「OVATION OF THE SEAS」の船体側面の船名は水色系に光るようです。

しかし、バルコニー付きキャビンの殆どがライトアップされておらず、暗いのが実に残念!

「OVATION OF THE SEAS」のファンネル付近。
「OVATION OF THE SEAS」のファンネル付近。

画面左の横長い窓の枠もその周囲を囲むようにサイコフレームの発光現象が…じゃなかった、水色のストライプ状のライトアップがされています。(こちらは1番船の「QUANTUM OF THE SEAS」でも同様。)

「OVATION OF THE SEAS」の上部デッキ構造物。
「OVATION OF THE SEAS」の上部デッキ構造物もライトアップ。

「OVATION OF THE SEAS」のカプセル「ノース・スター」付近。
「OVATION OF THE SEAS」の船首側の上部デッキ付近。

結局、私達が高知新港の大型客船対応岸壁にて「OVATION OF THE SEAS」を撮影している間、カプセル「ノース・スター」が動いているシーンを見る事は出来ませんでした…ちょっと残念!(涙)。

「WELCOME TO KOCHI」の横断幕と「OVATION OF THE SEAS」の並び。
「WELCOME TO KOCHI」の横断幕と「OVATION OF THE SEAS」の並び。

ちなみに、上のカットはストロボを使用した訳では無く、ちょうど私達の左後ろ辺りに明るい照明が設置されている関係で、横断幕の辺りが明るくなっています。

「高知家」の横断幕と「OVATION OF THE SEAS」のファンネル付近。
「OVATION OF THE SEAS」のファンネル付近と「高知家」の横断幕。

今回の「OVATION OF THE SEAS」は、香港発着の「Best Of Japan & Korea」と題した8泊9日のクルーズとして寄港。

寄港地は香港〜高知新港〜油津〜釜山〜香港と言うルートでした。

来年(2017年)も姉妹船である「QUANTUM OF THE SEAS」は度々、高知新港への寄港が予定されていますが、今回撮影した「OVATION OF THE SEAS」は、私が現時点で把握している限りでは、来年(2017年)の高知新港への寄港予定はありません。(ただし、一部の期間のクルーズが未発表の為、予定が追加されると言う可能性はありますが…。)

「OVATION OF THE SEAS」の高知新港寄港は、今回1回限りの寄港になってしまうのか、それとも追加設定されたコースで再び高知新港へ寄港するのか、今後の情報に注目です。

※8回に渡って紹介して来ました「OVATION OF THE SEAS」の高知新港初寄港の記事、いかがだったでしょうか? 次回は、この日の撮影の番外編を紹介したいと思います。 お楽しみに!?
| 外国客船 | 08:10 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 08:10 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする