日本と世界のクルーズ客船Blog

客船と二次元と
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「OVATION OF THE SEAS」、高知新港初寄港! | main | 「OVATION OF THE SEAS」、高知新港初寄港! >>
「OVATION OF THE SEAS」、高知新港初寄港!

JUGEMテーマ:日記・一般


前回の続き。

2016年11月8日(火)、高知新港の大型客船対応岸壁に初寄港した大型外国客船「OVATION OF THE SEAS」(168,666t/347.08m)。

6回目の今回は桂浜側の防波堤から見たカットを紹介します。

すっかり日も暮れて暗くなって来た桂浜側の防波堤を、カメラ片手に灯台のある先端付近まで徒歩で移動。

しかし、先の記事でも紹介した通り、この日の天候等の影響からか太平洋は白波が立つ程…。

「撮影途中で波が防波堤を越えて、帰れなくなったりしないだろうか…。」と思いつつ、街灯も無い桂浜の防波堤を延々と歩きながら、「OVATION OF THE SEAS」を撮影して行きます。

高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。

船体各部に明かりが灯り始めましたが、バルコニー付きキャビンの殆どは、ライトが点いておらず何だか少し暗い感じ…。

まずは有料駐車場から撮影したカットで。

ちなみに、こちらの有料駐車場は軽自動車&普通車は1回400円です。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。

「高知」と書かれている緑色のブイを入れて撮影。

高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。

高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」(縦カット)。

高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。

ようやく、防波堤の先端にある灯台付近まで到着。

太平洋に面した位置にある高知新港の大型客船対応岸壁では、天候次第で停泊中の大型客船でも、多少の波やうねりの影響を受けるようで、先に紹介した岸壁での接近戦編を撮影している時も、「OVATION OF THE SEAS」の16万トンオーバーの巨体が上下に揺れているのが印象的でした。

つまり、いくら岸壁の係船柱に繋がれているとは言っても、波やうねり、あるいは強風などの影響を受けて船体が動揺する事があるので、夜間の撮影時は無暗にバルブ撮影するのは禁物です。(あまり長秒時に渡ってシャッターを開き過ぎると、波やうねりで船体が動いているので、全てブレブレのカットばかりになってしまうんですよね。)

ちなみに、上のカットですが「EOS Kiss X7i」の感度を常用最高のISO−12800まで上げ、「SIGMA APO 150−500mm/F5〜6.3 DG OS HSM」のシャッター速度換算:約4段分の強力な手ブレ補正によるWサポートで、焦点距離:247mm(フルサイズ換算:約395.2mm)で、シャッター速度15分の1秒、絞りF8、手持ち撮影と言う状況です。

一般的に手ブレを防ぐには(およそ)焦点距離分の1秒が必要と言われていますが、この場合は単純計算してもシャッター速度で400分の1秒は必要になります…が、僅か15分の1秒でも許容範囲の最少のブレで撮影する事が出来ました!

勿論、パソコンの画面で画像を等倍で見れば僅かにブレがありますが、まったく近年のデジカメの進化と言う物には驚かされるばかりですわ…(笑)。

エントリークラスの「EOS Kiss X7i」で、これだけ『至れり尽くせり』なんですから、5年後あるいは10年後のデジカメなんて、一体どんなスペックで登場するんでしょうね!?

これまで私も、「EOS Kiss Digital X」→「EOS Kiss X4」→「EOS Kiss X7i」と使って来ましたが、買い替える度に、その進化に驚かされるばかり。(連写速度の速さで見ても「Kiss Digital X」では秒間3コマ→「Kiss X4」では秒間3.7コマ→「Kiss X7i」では秒間5コマと着実に進化しています。 一昔前なんて「Kiss」シリーズで秒間5コマの連写なんて、想像も出来ませんでしたからね。)

個人的にデジカメの画素数の高さばかりを競う時代は既に終わっている気がするので、今後はエントリークラスのデジカメでも、液晶の更なる高解像度化&反射防止や、更なる超高感度でも低ノイズで撮影出来るようになったりするんでしょうね。

高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。

ラストはファンネルから上る煙が高く上がっていたので、縦カットでパチリ。

ちなみにこちらの画像は「マルチショット・ノイズ低減機能」を使って撮影した物。(自動で感度を変えながらJPEGで4枚連写して、その4枚を自動で位置合わせをしながら合成して、ノイズの少ない1枚の画像を作り出す、と言う機能です。)

※次回は「OVATION OF THE SEAS」の高知新港初寄港の記事も7回目。
桂浜側の防波堤から高知新港の大型客船対応岸壁へ戻るまでの途中で撮影したカットを紹介します。 お楽しみに!?
| 外国客船 | 06:32 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 06:32 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする