日本と世界のクルーズ客船Blog

客船と二次元と
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
行って来ました!
JUGEMテーマ:日記・一般

2013年8月30日(金)〜9月3日(火)にかけて、旅好きおやじ様ご夫婦と、J&M様ご夫婦、そして私達親子の合計6人で「ぱしふぃっくびいなす」に乗船!

神戸港発着の「南房総・駿河クルーズ(Aコース)」[神戸・中突堤〜(熱海沖花火大会、船上観覧)〜館山〜清水〜高知新港〜神戸・中突堤]に参加して来ました。

今回は、ダイジェストとして「南房総・駿河クルーズ」の概要をお伝えします。

当初の予定では「徳之島・鹿児島クルーズ」[神戸・中突堤〜高知新港〜徳之島・平土野〜鹿児島・マリンポート〜高知新港〜神戸・中突堤]として計画されていましたが、台風15号と秋雨前線の影響によりスケジュールが大幅に変更となり、太平洋を一路南下する予定が、台風15号を避ける様に太平洋を東へ進み、上の様なスケジュールとなりました。

クルーズ1日目は神戸港・中突堤から22:00に出港だった為、乗船前には大阪へ足を伸ばし、中之島にある国立国際美術館で開催中の『貴婦人と一角獣』展を観覧後に三ノ宮へ戻り、今回のクルーズの同行者4名の内3名と合流。
中突堤への移動前には、このブログではすっかりお馴染み(?)の三ノ宮ポートライナー改札口横の「上島珈琲店」で軽い夕食を。
この時には大阪から鉄軌星斗様も、私達のお見送りに駆けつけて下さいました。(鉄軌星斗様、お忙しい所わざわざ三ノ宮までお越し頂きありがとうございました!)
その後、オリエンタルホテル行きのバスに乗って中突堤へ移動。
先に中突堤に到着していた今回のクルーズの同行者の残り1名(…と言うよりも1本前の「夏休み韓国・釜山と瀬戸内海クルーズ」からの連続乗船!)の旅好きおやじ様とも合流し、20:30頃に乗船開始、出港前には避難訓練も行われ21:55頃に中突堤を離岸しました。

クルーズ2日目は無寄港の終日クルーズとなり、太平洋の大海原を一路東へ。
夕刻より熱海沖にて熱海海上花火を「ぱしふぃっくびいなす」の船上より観覧。

クルーズ3日目の寄港地である館山は、私にとって2005年3月の初寄港の時以来、実に約8年5か月ぶり、通算2度目の訪問となりましたが、新たに桟橋も整備され、2万t級の客船が停泊出来る様になっている等、前回寄港した時とはまた違った魅力があり、楽しむ事も出来ました。(過去に訪れた事のある寄港地に、再び訪れたのは今回の館山が初めてとなりました。)

クルーズ4日目の寄港地、清水ではOPツアーで世界遺産に登録された三保松原と、久能山東照宮を訪問。(富士山と三保松原の世界遺産登録後としては、他のどの客船よりも早く、今回の「ぱしふぃっくびいなす」が清水港へ一番早く寄港した事になります!)
途中で雨が降ったりと生憎の天候ではありましたが、清水港出港後には、あるサプライズも!?

クルーズ5日目は高知新港へ寄港して、当初高知新港から乗船予定だった乗客を下ろし、すぐに出港。 高知新港寄港時には、松山外港で知り合ったNさんのお出迎え&お見送りを受けました。(Nさん、雨の中でのお出迎え&お見送り、本当にありがとうございました!)
その後は、室戸岬沖〜紀伊水道〜友ヶ島水道〜大阪湾を北上し、同日19:30頃に神戸港・中突堤へ入港するまで、私にとっては(2010年夏の「竿燈・ねぶた 東北二大祭りクルーズ」以来の)過去最長タイとなる4泊5日を『海の恋人・ぱしふぃっくびいなす』で過ごして来ました。

とりあえず、ご報告までに。

今回も、実に素晴らしいクルーズになりました!
| 南房総・駿河クルーズ(Aコース) | 08:55 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP