日本と世界のクルーズ客船Blog

客船と二次元と
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
今年撮影した客船一覧(2016年)。

JUGEMテーマ:日記・一般


2016年も、あとわずか。

今年も沢山の(?)客船を撮影しました。

と言う事で、撮影した順番に一覧にしてみました。

 孱裡腺妝圍稗達繊
◆孱腺劭圍腺裡稗繊
「CALEDONIAN SKY」
ぁ孱唯腺劭稗裡釘辧。錬董。圍硲邸。咤釘腺咫
ァ孱韮錬味庁釘痢。丕劭稗裡達釘咤咫
Α孱孱錬截腺韮釘辧。錬董。圍硲邸。咤釘腺咫
А孱庁稗腺唯錬裡帖。丕劭稗裡達釘咤咫
─屬僂靴佞っくびいなす」
「飛鳥供
「QUANTUM OF THE SEAS」
「L’AUSTRAL」
「OVATION OF THE SEAS」
「にっぽん丸」

日本客船と外国客船の合計13隻、前年比で2隻マイナスでした。

今年は何と言っても高知新港への大型外国客船の寄港ラッシュに沸いた1年間となりました。

それとは対照的に、いつもは春と秋に関西エリアへ高速バスを利用しての遠征は、3月の「NAUTICA」&「ARTANIA」の僅か1回だけと言う点でも、珍しい1年間でした。

私の海の恋人「ぱしふぃっくびいなす」に1回も乗船出来なかったのは、心残りです…(涙)。

ちなみに日本のクルーズ客船3隻は、いずれも僅か1回ずつだけの撮影に留まりました。(「ぱしふぃっくびいなす」は2日連続での撮影だったので、厳密には2回になりますが。)

来年(2017年)はどんな客船が日本各地を訪れてくれるでしょうか?
既に私も情報収集の毎日ですが、サプライズ級の話題(?)になりそうなのが、あちらこちらに…!?(笑)。

2017年も「日本と世界のクルーズ客船/Blog」を、よろしくお願い致します。
| - | 07:40 | comments(4) | - | ↑PAGE TOP
「白鳳丸」@高知港。

JUGEMテーマ:日記・一般


2016年11月8日(火)、高知新港へ初寄港した大型外国客船「OVATION OF THE SEAS」の撮影を終えた私達は、高知港に寄港している「ある船」を撮影に行ってみる事にしました。

その船とは…?

高知港に停泊中の「白鳳丸」。
高知港に停泊中の「白鳳丸」。

この「白鳳丸」を撮影するのは今回が初めてですが、調べてみると、どうやら「JAMSTEC」の船みたいです。

小雨が降る中での撮影だったので三脚に据えて撮影はせず、ISOを上げて手持ち撮影。

続いて停泊している岸壁の方へ移動してみましょうか。
続きを読む >>
| その他の船 | 13:17 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP
「OVATION OF THE SEAS」、高知新港初寄港!

JUGEMテーマ:日記・一般


前回の続き。

2016年11月8日(火)、高知新港の大型客船対応岸壁に初寄港した大型外国客船「OVATION OF THE SEAS」(168,666t/347.08m)。

8回目の今回は高知新港の一般見学者向け駐車場から撮影したライトアップされた「OVATION OF THE SEAS」を紹介します。

高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。

この場所へ戻って来て見てビックリ!

船尾の連続窓の上部が水色のストライプ状にライトアップされているではないですか!?

姉妹船である「QUANTUM OF THE SEAS」は、9月に高知新港に寄港した際に、ライトアップされている時間帯にも撮影していますが、「QUANTUM OF THE SEAS」には、この船尾の水色のストライプ状のライトアップがありませんでした。

どうやら同型の姉妹船ながら、1番船の「QUANTUM OF THE SEAS」と3番船の「OVATION OF THE SEAS」では、少なからず細部が変更されている部分があるようですね。
続きを読む >>
| 外国客船 | 08:10 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
「OVATION OF THE SEAS」、高知新港初寄港!

JUGEMテーマ:日記・一般


前回の続き。

2016年11月8日(火)、高知新港の大型客船対応岸壁に初寄港した大型外国客船「OVATION OF THE SEAS」(168,666t/347.08m)。

7回目の今回は桂浜の防波堤から高知新港へ戻る途中の撮影ポイントから。

高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。

船体のライトアップが金色、ファンネル下の船名が水色に光っています。

また船体上部の構造物からは薄紫色っぽい光が、高知新港の海面を照らしています。

なお、上のカットは三脚に据えてバルブ撮影した物の内、ブレていないカットを選んでみました。

※次回は「OVATION OF THE SEAS」の高知新港初寄港の記事も8回目。
高知新港の一般見学者向けの駐車場から撮影したライトアップ編です。 お楽しみに!?
| 外国客船 | 03:15 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
「OVATION OF THE SEAS」、高知新港初寄港!

JUGEMテーマ:日記・一般


前回の続き。

2016年11月8日(火)、高知新港の大型客船対応岸壁に初寄港した大型外国客船「OVATION OF THE SEAS」(168,666t/347.08m)。

6回目の今回は桂浜側の防波堤から見たカットを紹介します。

すっかり日も暮れて暗くなって来た桂浜側の防波堤を、カメラ片手に灯台のある先端付近まで徒歩で移動。

しかし、先の記事でも紹介した通り、この日の天候等の影響からか太平洋は白波が立つ程…。

「撮影途中で波が防波堤を越えて、帰れなくなったりしないだろうか…。」と思いつつ、街灯も無い桂浜の防波堤を延々と歩きながら、「OVATION OF THE SEAS」を撮影して行きます。

高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。

船体各部に明かりが灯り始めましたが、バルコニー付きキャビンの殆どは、ライトが点いておらず何だか少し暗い感じ…。

まずは有料駐車場から撮影したカットで。

ちなみに、こちらの有料駐車場は軽自動車&普通車は1回400円です。
続きを読む >>
| 外国客船 | 06:32 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
「OVATION OF THE SEAS」、高知新港初寄港!

JUGEMテーマ:日記・一般


前回の続き。

2016年11月8日(火)、高知新港の大型客船対応岸壁に初寄港した大型外国客船「OVATION OF THE SEAS」(168,666t/347.08m)。

5回目となる今回は桂浜を入れて撮影出来る『あの場所』から。

『あの場所』って何処?

それは現地へ行って「ご自分の目で」確かめて下さいね。

高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」と桂浜周辺。

この日は生憎の曇り時々雨の天候だった事もあり、薄暗くなる時間が早いです…。
また上の画像を見ての通り、結構、白波が立っている感じです。

この後は画面中央付近に伸びている防波堤を歩いて、灯台のある先端付近から「OVATION OF THE SEAS」を撮影する予定ですが、この波…大丈夫でしょうかね?(苦笑)。
続きを読む >>
| 外国客船 | 07:25 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
「OVATION OF THE SEAS」、高知新港初寄港!

JUGEMテーマ:日記・一般


前回の続き。

2016年11月8日(火)、高知新港の大型客船対応岸壁に初寄港した大型外国客船「OVATION OF THE SEAS」(168,666t/347.08m)。

4回目の今回は岸壁に下りての接近戦です。

高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。

やはり前から見ても姉妹船である「QUANTUM OF THE SEAS」と、殆どソックリですね!(笑)。
続きを読む >>
| 外国客船 | 02:50 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
「OVATION OF THE SEAS」、高知新港初寄港!

JUGEMテーマ:日記・一般


前回の続き。

2016年11月8日(火)、高知新港の大型客船対応岸壁に初寄港した大型外国客船「OVATION OF THE SEAS」(168,666t/347.08m)。

3回目の今回は高知新港の一般見学者向け駐車場から撮影したカットを紹介します。

高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港の大型客船対応岸壁に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」と、「WELCOME TO KOCHI」の横断幕。

高知新港周辺では現在も岸壁周辺の工事が実施されており、撮影に行く度に何処かが変わっている事が多いのですが、今回は上のカットの様な横断幕が設置され、大型客船対応岸壁に停泊中の客船と一緒に撮影する事が出来る様になっていました。

ただ、画像を見ても分かるかと思いますが、横断幕の周囲も木材等が置かれていたり、ロープ等も簡易的な設置に留まっていたりと、今も工事中である事が目立っていますね。

今後、どの様な高知新港へと生まれまわって行くのか、要注目です。
続きを読む >>
| 外国客船 | 21:06 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
「OVATION OF THE SEAS」、高知新港初寄港!

JUGEMテーマ:日記・一般


前回の続き。

2016年11月8日(火)、高知新港の大型客船対応岸壁に初寄港した大型外国客船「OVATION OF THE SEAS」(168,666t/347.08m)。

2回目の今回は高知龍馬空港を発着する航空機と、高知新港に停泊するクルーズ客船1枚の画面に収めて撮影出来る、あの場所から。

しかし!

この日は生憎の曇り空、時々小雨と言う状況…(涙)。

撮影ポイントに到着して、カメラのファインダー越しに高知新港方面を見てみるものの、まあ見事なまでに判別不可能と言っても良いレベル…(苦笑)。

だって、こんな感じですよ。

高知新港に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港に停泊中の「OVATION OF THE SEAS」。

画面の(ほぼ)中央付近に「OVATION OF THE SEAS」が停泊しているんですが、画像のサイズ的にもほんの僅かに船体のシルエットが確認出来るか出来ないか…と言う程度です。
続きを読む >>
| 外国客船 | 09:02 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
「OVATION OF THE SEAS」、高知新港初寄港!

JUGEMテーマ:日記・一般


2016年11月8日(火)、またまた大型外国客船が高知新港の大型客船対応岸壁に寄港しましたので撮影に行って来ました。

それにしても、今年の高知新港は一体どうした事でしょうか。

昨年秋の「CELEBRITY MILLENNIUM」の寄港を皮切りに、今年のG.W.から、総トン数が10万トンを超える大型外国客船が、来るわ来るわ…また来るわ。

高知新港は日本国内の地方港を代表する「クルーズポート」へと大躍進していると言っても過言ではありません!

太平洋に面しており、低い橋をくぐる必要が無い場所に、総トン数10万トン以上の大型外国客船が停泊出来る港を有している…こんな理想的な港が何処にあるでしょうか!?

前振りはこの位にしておいて…今度は一体、どの客船が高知へやって来たのか…?

それは…(既に今回の記事のタイトルにも書いているんですけど…苦笑)。
「OVATION OF THE SEAS」(168,666t/347.08m)!

そう!

先行して中国発着のアジア・極東クルーズを1年間を通して実施している「QUANTUM OF THE SEAS」(168,666t/347.08m)の(ほぼ)同型の姉妹船である。

今回寄港した「OVATION OF THE SEAS」は、中国発着のアジア・極東クルーズの需要拡大を見込んで、香港&天津発着での日本寄港を含むクルーズを今年から開始したばかりの客船。

姉妹船である「QUANTUM OF THE SEAS」が1年間を通して、中国・上海発着クルーズを実施しているのに対して、この「OVATION OF THE SEAS」は、北半球が温かい時期には、シンガポール発着の東南アジアクルーズや、香港&天津発着での日本寄港を含むアジア・極東クルーズを実施し、南半球が温かくなる時期にはオーストラリアのクルーズマーケット向けに、シドニー発着などのコースに配置転換され、再び北半球が温かくなる時期には、シンガポール・香港・天津発着のクルーズを実施する為に配置転換されると言う、(ほぼ)同型の姉妹船である「QUANTUM OF THE SEAS」とは明らかに『使い分け』されているのが特徴です。

高知新港に入港する「OVATION OF THE SEAS」。
高知新港に入港する「OVATION OF THE SEAS」。

遠くから見る限りでは殆ど「QUANTUM OF THE SEAS」との違いを見つけるのは難しい!?、と思う位にソックリの外観ですね(苦笑)。

ちなみに現在、活躍中の「QUANTUM CLASS」は、第1番船の「QUANTUM OF THE SEAS」、第2番船の「ANTHEM OF THE SEAS」、そして第3番船の「OVATION OF THE SEAS」と、(ほぼ)同型の客船が3隻。

「QUANTUM CLASS」の客船は、世界最大の「OASIS CLASS」の客船と共に、今後更に新造船が作られる予定になっており、それらが就航すると将来的には(おそらく)7万トン級の「VISION CLASS」の客船までが、徐々に他の船会社に売却されて行くのではないかと思います。
続きを読む >>
| 外国客船 | 00:20 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP